ブログトップ記事一覧

去年の4月よりも、少しだけ先が見えてきた

2021/05/27更新:

 

 

2021年5月末

「去年のこの頃は、この先どうなるのか?がまったく見えなかったですね」

そんな話を、クライアントさんとしていました。

この先どうなるのか?がまったく見えないからこそ、

「自分たちがどうしたいか」を必死に考えた1年だったと振り返りながら。

 

では、今はどうなのか?

「この先どうなるのか?」は見えるのか?と言うと、

ずいぶんと見えるようになったと感じるのです。

 

まず、ひとつは今から年末までのこと。

ご存じの方も多いと思いますが、

2020年の日本の倒産件数は8000件を下回りました。

これは30年ぶりのこと。

 

これは間違いなく、銀行が無利子・無担保で貸してくれたからです。

ある意味、コロナのお陰かもしれません。

ただ、このコロナ融資の65%が借りて1年後に返済がはじまるのを

ご存じでしょうか?

おそらく「1年後には、おおよそ元に戻っている」という予想だったのでしょう。

理由はともかく、約60%の借り入れは、そろそろ返済が始まるということです。

 

つまり、コロナ融資で倒産が少し先延ばしになっただけで、

ここからが本番だということ。

 

そして、もうひとつ見えてきているのが、約1年半~2年後のこと。

ここ半年から1年でワクチンの接種ができ、コロナの騒ぎは徐々に収束にむかうはず。

 

でも、収束が見えた時、もしくは収束した後が本番です。

これだけの公的資金を使っているので、高い確率で予想できるのが増税です。

誰に、何を増税するのかにもよりますが、

もし消費増税などをしようものなら、、、、、思いっきり消費は落ち込む。

 

増税の種類にもよりますが、確実に不景気になり、需要はかなり落ち込みます。

すべての需要が落ちるのです。

 

という状況が2年後には確実にくる前提で、

その状況に向かって、しっかり準備をしていく。

 

「何をどうすればいいのか?」

これは、いままでwithコロナの商売でお伝えしてきたことがベースになります。

もちろん、最終的には個別な答えになると思うのですが、

ひとつの考え方とやり方には間違いないので、ご活用ください!

 

【withコロナの商売・5つのステップ】
https://gaea318.com/3985

現在、募集中のセミナー・塾

***************************

●「コト売り」超実践塾
https://gaea318.com/kotouri

●発売中!2021年8月
お客様が集まる!「ぼくだけの売り方」
https://www.amazon.co.jp/dp/4799109855//

●発売中!2020年1月
「ぼくらはお金で何を買っているのか。」
https://www.amazon.co.jp/dp/490803351X/

●発売中!2019年1月
「お客様のことが見えなくなったら読む本」
https://www.amazon.co.jp/dp/4799107798/

●コトマーケティング協会アドバイザー講座
http://koto-marketing.net/
***************************

Copyright (C) . All Rights Reserved.