ブログトップ記事一覧

増収減益より「減収増益」を

2021/04/27更新:

 

もし、売上げが増えているのに、利益が年々減っているとしたら
きっと、このような状況ではありませんか?

・社員が忙しくて時間がたりない

・社員が疲弊してきている

・社員が辞めていく

・社内の空気が重い

・新しいことができない or やろうとしても続かない

この状況が続くと、頼みの綱だった売り上げも減少し、
減収減益になると、状況がより深刻になってきます。

 

でも、これって少し客観的に考えてみると分かるはずです。

 

「売上げは上がってるけど、利益が少なくなる」

というのは仕事量は増えてるけど、利益が減ってるということ。

・必死で仕事をして忙しいのに、利益が出ない

・忙しいので、他のことをする時間的余裕がない

・利益が出ていないので、大きな投資ができない

・時間も資金もない中、何かをやろうとしても上手くいかない

・経営者も社員も疲弊していく

というようになってきます。

 

そんな中「がんばれ!」「なんとかしろ!」「根性で乗り切れ!」

などと言う経営者もいないはず。

だって、そんなことできないですから。

 

だから、売上げよりも利益に着目する。

増収減益よりも、減収増益を目指す。

こんな会社が増えてきています。

 

増収減益の状態から、減収増益を目指す一歩目は、この2つです。

1:今の売上の一部を手放す

2:新しいスタッフと新事業をスタートする

 

極端に思うかもしれませんが、資金は借入できる可能性は有りますが、

時間は自ら創り出すしかありません。

ということは、この2つのやり方しかなく、上の2つとも連動します。

1:現状のスタッフの時間を空ける

2:仕事の入っていないスタッフを入れる

 

そして、この決断ができるのは経営者しかいないのです。

こんなことからも、

まさに転換期こそ、経営者が決断し動く時期なんだと実感します。

 

さぁ、いまこそ決断し動きましょう!!

現在、募集中のセミナー・塾

***************************

●「コト売り」超実践塾
https://gaea318.com/kotouri

●発売中!2021年8月
お客様が集まる!「ぼくだけの売り方」
https://www.amazon.co.jp/dp/4799109855//

●発売中!2020年1月
「ぼくらはお金で何を買っているのか。」
https://www.amazon.co.jp/dp/490803351X/

●発売中!2019年1月
「お客様のことが見えなくなったら読む本」
https://www.amazon.co.jp/dp/4799107798/

●コトマーケティング協会アドバイザー講座
http://koto-marketing.net/
***************************

Copyright (C) . All Rights Reserved.