ブログトップ記事一覧

2重メッセージについて考えてみた

2020/08/27更新:

 

理念経営をしていらっしゃる経営者の方に、
2重メッセージになるという相談を受けます。

2重メッセージとは、理念のことと、売上げのこと。

この2つを言うと、相反することを言ってるみたいで社員か混乱するというもの。

 

「理念は大切」

「売上げも大切」

具体的に言葉にすると、このような感じです。

「理念である、”地域社会に貢献を!”を大切に行動してよ!」
※貢献すること、お役に立つことはとっても大切に行動を

「でも、売上は上げないと会社は持たないよ!」
※ちゃんと売らないとダメ、売上げも大切だから行動を

このように、相反するメッセージで、両方大切だよ!!と言われたら、
まじめなスタッフほど思い悩んでしまうというもの。

さて、どうしたらいいんでしょうか?

そんな課題をお持ちのところが多いんですね。

 

僕は、こうお答えしています。

「理念と売上を、しっかりつなげていくことが大切」

理念は理念、売上は売上げとして、別で考えないといけないんだよなんて無理です。

・売上げとは何?

・どうやって売り上げをあげるのか?

・その売り上げの上げ方は、どう理念に繋がっていくのか?

これを、経営者がスタッフのみんなに語れることが大切です。

 

では、あなたは語れるでしょうか?

 

経営者の中で、これが繋がっていないと「理念」はカタチだけのものになります。

理念をカタチにするというのは、理念と売上をつなげる仕組みを持つこと。

それには、まずシナリオを描くことができるかどうかがポイントです。

 

もう少しだけ具体的にイメージしてみましょう。

・売上げとは何?
→売上げとは、お客様の役に立つこと

・どうやって売り上げをあげるのか?
→どうやって役に立つのかを考える

・その売り上げの上げ方は、どう理念に繋がっていくのか?
→役立つことは理念にもつながる

 

これを、もう少し具体的に。

・売上げとは何?
→売上げとは、お客様の役に立つこと

・だったら、誰にどんなコトをやっていきたいの?
→親兄弟の建物と思って、お客様の物件に接していこう

・どうやって売り上げをあげるのか?
→どうやって役に立つのかを考える
→お客様を親兄弟だと思ったら、どんなコトがしてあげたい?
→それを、どうして伝えるの?
→それを、どうして売りあげにつなげるの?

・その売り上げの上げ方は、どう理念に繋がっていくのか?
→役立つことは理念にもつながる
→親兄弟と思って塗らせていただくことが、売上にも理念にも繋がっていく

 

いかがでしょうか?

最後は、外壁塗装の会社であるマツミさんの例につなげてみましたが、
上手く伝わっているでしょうか^^

 

理念と売上をつなげていく方法は、とてもシンプルです。

・誰に、どんなコトができるのか

・それが、もっとどうしたらできるのか

・それを、どう伝えようか

 

これをしっかり考え行動していくと、確実に繋がっていきます。

これをやっているのが「コト売り超実践塾」でもあります。

 

自分自身で考えるもよし、

一緒に考えるのもよし、

これからの新しい社会の中での商売を考えるにあたり、

コロナ禍で、いま一度足元を見直していきましょう!!

現在、募集中のセミナー・塾

***************************

●新講座!リリースしました!
「withコロナの商売・特別講座」
https://gaea318.com/withcorona

●新刊!発売中!2020年1月
「ぼくらはお金で何を買っているのか。」
https://www.amazon.co.jp/dp/490803351X/

●絶賛発売中!2019年1月
「お客様のことが見えなくなったら読む本」
https://www.amazon.co.jp/dp/4799107798/

●「コト売り」超実践塾
https://gaea318.com/kotouri

●コトマーケティング協会アドバイザー講座
http://koto-marketing.net/
***************************

Copyright (C) . All Rights Reserved.