ブログトップ記事一覧

動きの「はやさ」の秘密

2019/11/22更新:

 

個別で関わらせてもらっているクライアントさんが、売り上げも利益も伸びに伸びています。
嬉しいなぁと思うと同時に、僕は何かできてるんだろうか?と不安になったり(笑)

大企業も一部ありますが、多くは中小企業。
業種も業態も違う中で、唯一共通しているものがあります。

 

「はやさ=スピード」

 

この「はやさ」というのは、中小企業にとって命綱のように感じます。

その「はやさ」がどうして生み出されるのか?

クライアントさんの多くは、とにかく「はやい」のです!
ほんの一例ですが、こんな感じです。

 

例えば、外壁塗装のマツミさんだったら、

2~3日後に迫ったリフォーム展の出店について最後の調整をしていたら、
全く違うアイデアが出てきて、みんなが「そっちのほうが絶対にいい!」となると、
スタッフ総出で一気に変更に取り掛かり、展示会に間に合わせます。
通常だったら、いまからの変更は無理だと思って諦めますよね。

 

例えば、室内ドアメーカーの神谷コーポレーションさんだったら、

「ドア」の新商品のアイデアを思い付いたら、仕様書なんかそっちのけで、
一か月以内に試作品を作ってしまう。
通常だったら、半年以上かかるのは当たり前で、大企業は年単位でかかります。

 

とにかく「はやい」

でも、ただ単に「はやい」だけではありません。

「はやい」うえに、「成果」につながっているのです。

 

そこで考えました。

「はやい」というのは大切だけど、どうして「成果」に直結するのか?

 

実は「軸」がしっかりしている

ということが共通点なんですね。

ある意味、「軸」がしっかりしているから「はやい」ともいえる。

 

」とは、コトマーケティングでいうところの「独自化コピー」です。

※独自化コピーとは
差別化ではなく、独自化(独自の価値を持つ)に向かってのコピーのこと

 

マツミさんの独自化コピーは

【親兄弟の建物と思って塗らせていただきます】

スタッフみんなが、常に「相手が親兄弟だったら」ということを考え実行します。
だから展示会出展でも「来場する人が親兄弟だったら、どうしてあげたい?」と
考えていく中で「これだ!」と思ったら躊躇なく変更するわけです。
だって、そのほうが「思い」を実現できるんですから^^

http://www.matsumi.org/

 

神谷コーポレーションの独自化コピーは

【たかがドアから、だからドアへ】

正直、家づくりの中でドアのことを真剣に考えている方は、ほとんどいません。
だから「たかがドア」と思っている人が多い中で、専業メーカーとして
家づくりの中で「ドア」ができることを追求していってるのです。

だから「このドアなら役立つ!」と思えば、すぐ実行です。
考えだけでは分かりにくいので、すぐに現物を作る。
目に見える状態で判断するというのが、スタッフみんなに染みついているのです。

https://www.fullheight-door.com/

 

そう考えてみると、「はやい」の裏側にあるのは、

判断基準となる「軸」があるということ。

 

これが大きいように感じます。

ただ「はやい」だけではなく、「成果」につながるのは、

「軸」があるからなんですね^^

現在、募集中のセミナー・塾

***************************

●新刊!絶賛発売中!2019年1月
「お客様のことが見えなくなったら読む本」
https://www.amazon.co.jp/dp/4799107798/

●「コト売り」超実践塾
https://gaea318.com/kotouri

●コトマーケティング協会アドバイザー講座
http://koto-marketing.net/
***************************

Copyright (C) . All Rights Reserved.