ブログトップ記事一覧

「やり切る」ことで後悔がない

2019/03/22更新:

昨日イチローが引退しました。

いろいろな人が、ブログやFacebookに感想を書かれています。

改めて、それだけ影響力のある方だったんですね。

 

僕も引退会見をテレビで見ていて、一番印象に残ったコトバ。

後悔はありますか?の質問に対して、

「後悔などあろうはずがありません」と。

 

この言葉の前後では、「今日の球場での出来事を思えば」とありましたが、

僕自身が感じたのは、やり切ったからこそ後悔はないということ。

 

1日1日を「やり切った」イチローならではの言葉だと感じました。

 

解説で元チームメイトの長谷川さんもおっしゃっていました。

「イチローに後悔はないはずです。だって、やり切りましたから」と。

 

つまり、逆を考えてみると「後悔があるのはやり切っていないから」

 

そう思った時に、以前に聞いたこんな話を思い出しました。

 

「仕事においての成果というのは、

  努力×才能の掛け算で考えると分かりやすい」

そう言われていたのは、島田紳助さんです。

+++++++++++++++++++

努力がレベル1~5まで(5がMax)

才能もレベル1~5まで(5がMax)

 

努力5×才能5=25(Max)

でも、才能はどこにあるかやってみないと分からない。
ある意味、運やタイミングで才能の「5」に出会う。

だから、自分でコントロールできるのは、努力の5だけだ。

 

「5の努力」を常にできれば、

「才能の5」に出会ったときにブレイクする。

 

でも、才能に出会ったらやるという人は、努力は常に「1か2」

だったら、万が一「才能の5」に出会っても、1×5=5で気付かない。

常に「5の努力」ができる奴は、きっと幸せになれる。

+++++++++++++++++++

 

こんな努力と才能の掛け算の話し。

努力の5をやり続け、ついに限界を感じたのだと思います。

 

「やり切ると、ある意味の諦めがつく」

 

おそらく、そうですよね。

目の前の事に全力で向かい、才能に出会い、花開いた。

それでも、全力で努力し続け、記録を伸ばし続け、人に夢を与え続けた。

だからこそ、自分の限界を知るんだと思う。

そしてあきらめがつく。そこに後悔なんてあろうはずがありません。

 

イチローの会見を見て「こうありたい」

素直にそう思います。

 

「努力の5」

「目の前の事を全力で」

「やり切る」

 

そう、後悔の無いようにね^^

現在、募集中のセミナー・塾

***************************

●新刊!絶賛発売中!2019年1月
「お客様のことが見えなくなったら読む本」
https://www.amazon.co.jp/dp/4799107798/

●「コト売り」超実践塾
https://gaea318.com/kotouri

●コトマーケティング協会アドバイザー講座
http://koto-marketing.net/
***************************

Copyright (C) . All Rights Reserved.