ブログトップ記事一覧

チラシで100組来場 or 昨対108%

2018/03/09更新:

ご存知だとは思いますが、僕自身マーケティングのコンサルタントという職業に就いています。

よく講演の自己紹介で、この職業の説明を少しだけするのですが、こんな感じです。

+++++++++++++++++++

企業と契約をしていただいて、集客アップ、売上げアップ、利益アップや、最終的に利益の残る仕組みをどう作り上げていくのかを一緒に考えて実践する。

もう少し細かくいうと、集客できるチラシをつくったり、DMやHP、ブログの書き方や、SNSの活用方法などもお伝えしています。

最近では、社員研修でスタッフを「コト売り脳に!」
というご依頼をいただくことが多くなりました。

+++++++++++++++++++

という風に伝えているのです。

これね、何度か作り変えているのですが、最初は「売れるチラシ」「売れるPOP」「売れるホームページ」などを伝えていたのですが、仮にこれがつくれても、これだけでは会社としての継続しての発展は見込めない。

例えば工務店さんが、

「チラシで住宅見学会に100組の来場がありました!」
としても、

来場はしてくれたけど成約まではいかないこともあるし、
打合せの時にお客様の意向を聞き出しきれなくて困ることもあるし、
建てる時にトラブルになる時もあるし、
建てた後にクレームになることもある。

トータルで、お客様の少しでも想像以上を実現することが、お客様のリピートや、お客様の紹介につながっていくのですから、これだけでは不十分。

ですので、チラシで100組集まることは大切です。
でも、その後もトータルで考えていくことがもっと大切。

だから、「チラシだけで100組来場!」というのはインパクトはあるけど、実際の商売にしてみれば、そこがポイントではないのです。

実際に、100組集まっても、実は赤字で大変な会社も多い。

だったら、

「昨対108%の利益増」
「利益率倍増の仕組みができた」
「5年連続増収増益」

というようになるといいでしょ^^

お客様から喜ばれ、そして利益が上がる。

これが商売の基本です。

ということは、何が重要なの?
何から始めればいいの?

なんてことになると思います^^

そういう意味では、2つの始め方があると考えます。

「あなたの会社の価値を高める」

「あなたの会社の価値を伝える」

いままでの実績があるところは、まずは「価値を再認識して伝える」ことから。

これからスタート、もしくは再構築する必要がある場合は「価値を創り高める」ことから始めてみてください。

その両方に共通することが、

・誰に、どんなコトができるのか

・それが、どうしてできるのか

まず、これを明確にしてくことです。

これまでやってきたコトを見直しながら、お客様への方向性をコトバにする。

これからやっていきたいコトを、自分の経験を振り返りながらコトバにする。

コト売り超実践塾では、これを皆で考えコトバにしています
コト売り超実践塾では、これを皆で考えコトバにしています

チラシで1発当てることが商売ではありません。
SNSで紹介を得ることが商売ではありません。

継続して繁栄する仕組みを創り出すこと。

それには、継続してお客様を創り出すことが必要。

だからこそ、お客様に対して

・どんなコトができるのか
・どんな「不」が解消できるのか
・どんな素晴らしい体験ができるのか

これを明確にすることから始めてください。

そして、

・それがどうしたらできるか?
・どうしたら伝わるのか?
・もっと、どうしたら喜んでもらえるのか?

を考え実践していくのです。

こうして、スタッフを巻き込みながら、
繁栄し続ける会社の土台をつくっていきましょう!!!

現在、募集中のセミナー・塾

***************************

●BtoB・法人営業「新・御用聞き営業セミナー」 in【東京】
2018年8月22日(水)13時~17時
https://gaea318.com/2784

●BtoB・法人営業「新・御用聞き営業セミナー」 in【大阪】
2018年8月29日(水)13時~17時
https://gaea318.com/2784

●「コト売り」超実践塾 in【大阪】※満席
2018年9月5日(水)~(計5日間)
https://gaea318.com/kotouri

●「コト売り」超実践塾 in【東京】
2018年9月27日(木)~(計5日間)
https://gaea318.com/kotouri

●「コト売り」超実践塾 in【大阪】
2019年1月16日(水)~(計5日間)
https://gaea318.com/kotouri

●コトマーケティング協会アドバイザー講座
http://koto-marketing.com/
***************************

Copyright (C) . All Rights Reserved.