ブログトップ記事一覧

行動しているのに、あまり成果が出ない一つの理由

2020/07/16更新:

 

「動くか、動かないか」

これは、動いたほうがいいのは分かっている。

 

でも動けないときは、おそらくこの2つが原因の場合が多い。

・動きたくない理由を探している

・動く方法が分からない

 

そんなことはないでしょうか?

でも、情報社会のいま、動く方法なんてネットで調べれば何か出てくる。

いくつかの情報を集めて、やりたいことからやってみればいいと思うのです。

 

それができない人は、結局やりたくない人なんでしょう。

もしくは、失敗がこわい人です。

 

厳しい言い方かもしれませんが、それは自分自身の問題で、

僕にはどうしようもないから考えないようにしています。

 

でも、行動している人にはできる限り成果を出してほしいと思う。

 

僕の周りには行動をしている人がたくさんいるので、

その方たちを見ていると、成果が出る人と、成果が出にくい人の差が少し見えてきます。

そのうちのひとつ。

 

「PDCAの後半部分ができていない」

ということ。

 

PDCAとは、ご存じの方も多いと思いますが、

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)

これをサイクルで回していくというもの。

その後半部分ができていないということは、

「Check(評価)→Action(改善)」の部分です。

 

僕は「評価を検証」と置き換えているのですが、

行動した結果を、どう検証するのか?によって、改善案が変わります。

CAをしっかりすることで、次のステップに進んでいく感じです。

 

CAをしないで、PDばかりを繰り返していると、動いているけどステップアップしてない感じになる。

少し図を書いてみましたが、伝わるでしょうか?

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)

これはサイクルを繰り返し行うことで成果に繋がります。

 

「そんなこと分かってるよ!」という方も多いと思います。

が、分かっているけど「できているか」も大きな課題だと思うのです。

 

せっかく行動している方には、ぜひとも成果につながてもらいたい。

成果が次の行動に繋がっていきますから!!

 

そのために、チェックの方法をひとつお伝えさせてください!

「チェック=検証は、自分達だけでしない」がポイントです。

 

経験上、お客様に聞くことがとても大切なんだと感じています。

・どこが目についたのか(言葉や写真など)

・事前に、どんな悩み、不安、不満がありましたか

・最終的に、決め手となったものは

代表的なものはこの3つです。

 

聞く方法や、聞き方なども考える必要はありますが、

お客様からの情報を検証に加えることで、確実に「改善」がしやすくなります。

 

ぜひ一度やってみてくださいね^^

確実に、行動がステップアップしていきますから!!

現在、募集中のセミナー・塾

***************************

●新講座!リリースしました!
「withコロナの商売・特別講座」
https://gaea318.com/withcorona

●新刊!発売中!2020年1月
「ぼくらはお金で何を買っているのか。」
https://www.amazon.co.jp/dp/490803351X/

●絶賛発売中!2019年1月
「お客様のことが見えなくなったら読む本」
https://www.amazon.co.jp/dp/4799107798/

●「コト売り」超実践塾
https://gaea318.com/kotouri

●コトマーケティング協会アドバイザー講座
http://koto-marketing.net/
***************************

Copyright (C) . All Rights Reserved.