ブログトップ記事一覧

マスクが最近買えることの意味合い

2020/05/15更新:

 

先日、原宿の美容師さんと話している中で、こんな話がありました。

「いま竹下通りで、朝早くからマスクを売ってる店がいっぱいある」と。

僕自身も、週末にスーパーに買い物に行ったときに売ってるのを見かけました。

あれほど足りなかったマスク。

今は、店頭である程度買えるようになりました。

 

あれっ!?買うのが困難だったのはいつだっけ?と思い起こしてみると、

約一か月前くらいでしょうか。

一か月前にマスクを持っていると、高値で売れたかもしれません。

でも、それをみて「これだ!」と思って、つくったり、仕入れたりすると、
今現在はまだ売れるでしょうが、この先を考えるとどうでしょうか?

 

マスクと同じように、一時期ティッシュやトイレットペーパーもなかったのに、
今はどうでしょうか?

他にも、スーパーではホットケーキミックスが売り切れ状態です。

きっと、家にいる子供たちに作ってあげたり、子供たち自身でつくったりするので
大人気なんだと思います。

でも、一か月先はどうでしょうか?

 

飲食店の中でも、3月のはじめにテイクアウトをはじめた飲食店は
ある程度の注文をもらっていた。

でも、この一か月ではじめた店が増え続けて、、、今は?この先一か月を考えると?

 

モノは今まで以上に、

すぐに有り余ったり、売れなくなったりする可能性が高い。

 

「売れるモノ」を追い求めるのではなく、

「ヒトのコト」に着目することが大切です。

 

ヒトの中にあるコトとは、

 

「コロナの影響を受けている人」の中にある「コト」

これを考えて、どうすれば提供できるかを行動に移していく。

 

マスクは、

コロナの影響を受けた人が、感染が怖いという不安なコトがあったので買った。

だったら他には何ができる?

と考えると、マスク以外の商品やサービスの展開も考えられるし、
マスクの次の展開も考えられる。

 

ホットケーキミックスは、

ママが、コロナの影響で家にいる子供を喜ばせたいコトに関心があって買った。

だったら他には何ができる?

 

テイクアウトは、だれが何のために買うの?

だったら、どんな工夫ができる??

 

こんな風に考えていくと、次の商品やサービスを創り出せます。

「売れるモノを売る」という発想から、

「人の中にあるコトをかなえる」という発想へ。

 

人の中にあるコトを知るためには、人と接していく必要があります。

人との接点を増やし、人の興味あるコト、不安や不満に感じているコトに気付くと、
次の商品やサービスにつながります。

 

そして、もうひとつ大切なこと。

「モノ」と「モノ」の関係は、売り買いだけの関係です。

でも、人の中にあるコトと、それに対してできるコトという
「コト」と「コト」の関係こそが、人と人の関係になる。

この関係を創り出していくお店と、売り買いだけの関係のお店は、

まったく違うと思いませんか?

 

こんな時期だからこそ、

「コト」と「コト」のつながりをつくっていきましょう!

現在、募集中のセミナー・塾

***************************

●新講座!リリースしました!
「withコロナの商売・特別講座」
https://gaea318.com/withcorona

●新刊!発売中!2020年1月
「ぼくらはお金で何を買っているのか。」
https://www.amazon.co.jp/dp/490803351X/

●絶賛発売中!2019年1月
「お客様のことが見えなくなったら読む本」
https://www.amazon.co.jp/dp/4799107798/

●「コト売り」超実践塾
https://gaea318.com/kotouri

●コトマーケティング協会アドバイザー講座
http://koto-marketing.net/
***************************

Copyright (C) . All Rights Reserved.