ブログトップ記事一覧

withコロナの商売①【消費を見直してみる】

2020/05/06更新:

コロナと戦う
コロナをやっつける
コロナに負けない

と 考えるより

僕たちは

コロナに感謝し
コロナを受け入れ
コロナと一緒に

できるコトを考える。
と考えたほうが現実的です。
コロナと一緒にとか、withコロナと考えてみると、
いろいろと視点が変わってきます^^

思考と行動を停滞させることなく、前へ。

「コロナと一緒に」

withコロナの商売について具体的に考えていく前に、消費について見直してみたいと思います。

いま、自分たちが消費しているものを見直していくと、僕の場合はこんな感じです。

・日々の食材
※日々暮らしていくために必要最低限の食材や水など

・知合いの飲食店の通販
※知り合いの飲食店が休業なので、飲食店のためにもなるし、家族のためにもなる。

・旅館や飲食店への基金、募金
※お世話になっている業界の方々への、できる限りの支援

これ以外、スタッフと昼食に行くくらいで、本当に消費しなくなりました。

みなさんは、どうでしょうか?
おそらく、近い状態ではないかと思うのです。

これって、生きていくための消費か、貢献のための消費しかしてないということ。

ここで、思い出してほしいのがマズローの欲求段階説です。

去年、僕自身がマズローの欲求段階説を消費欲求に置き換えて書いた本「お客様のことが見えなくなったら読む本」の中に、こう書きました。

消費欲求に置き換えて、5段階+1段階あります。

第一欲求:生理的欲求(生きるための消費欲求)
第二欲求:安全の欲求(安全のための消費欲求)
第三欲求:愛と所属の欲求(どこかに属していたいための消費欲求)
第四欲求:承認欲求(認められたいための消費欲求)
第五欲求:自己実現の欲求(なりたい自分のための消費欲求)

+1の第六欲求:貢献の欲求(相手のための消費欲求)

コロナが出現する前は、第一欲求や第二欲求は、当たり前で、第四欲求~第五欲求を中心に消費が進んでいました。

ところが、withコロナの中では、第一欲求と第二欲求、そして第六欲求になっている。いままでの消費欲求とまったく変わっているのです。

※図表で言うと、②と③が中心だったものが、①と④に変わった

豊かさの消費から、生存と貢献の消費へ
    
華美なものから、守りの消費へ

この消費の変化に、どう対応していくかがコロナと一緒の商売のひとつのポイントになります。

次回は、もう少し具体的に書いていきますね^^

 

【withコロナの商売まとめはこちら】

現在、募集中のセミナー・塾

***************************

●新講座!リリースしました!
「withコロナの商売・特別講座」
https://gaea318.com/withcorona

●新刊!発売中!2020年1月
「ぼくらはお金で何を買っているのか。」
https://www.amazon.co.jp/dp/490803351X/

●絶賛発売中!2019年1月
「お客様のことが見えなくなったら読む本」
https://www.amazon.co.jp/dp/4799107798/

●「コト売り」超実践塾
https://gaea318.com/kotouri

●コトマーケティング協会アドバイザー講座
http://koto-marketing.net/
***************************

Copyright (C) . All Rights Reserved.