ブログトップ記事一覧

「自動運転」と「事故防止アシスト」

2020/01/27更新:

先日、仕事の合間に「まるさん自動車」の三尾さんのところに行ってきました。

※まるさん自動車は、兵庫県たつの市の山奥にある自動車整備工場
こんな山奥にあるにもかかわらず、整備場には日本に数台しかない車が並ぶ。
従来の商圏を超えて、まるさん自動車に車が集まるという業界でも異質な整備工場

三尾さんは、何度もコト売り実践塾に出てもらっているのですが、
卒塾生というよりは、その以前から知っているので仲間という感じ。

その業界の人に、業界の裏側を聞くと、
「そうなだぁ」と思うことがいっぱいです。

 

今回も、いろいろな発見があったのですが、その中からひとつ!

 

まず、何の話かというと「自動運転」と「事故防止アシスト」のことです。

どちらも自動車の新しい機能についてのこと。

 

業界では、ずっと前から「自動運転」の話題はあがっていた。

「自動運転」が標準化されると、自動車整備工場はなくなると言われてきた。
自動運転になると、車を買って保有するという概念ではなく、
シェアしたり、道を動いている車に必要な時に乗るというような形になるとメーカーがすべて管理するので、町の整備工場はいらなくなるということ。

だから、自動車整備工場の集まりでは以前から危機感を持っていた。

 

でも、「自動運転」より早く「事故防止アシスト」の機能が一般化され、圧倒的に追突事故が減ってきた。

その結果、自動車整備工場よりも、板金屋さんの仕事がなくなったのです。

 

自動運転になっても、事故は必ず起こる。
だから板金屋は安泰だ。

そう思って安心していたら、突如自分の身に事故のように降りかかってきた。

 

いま、板金屋さんの仕事は激減し、職人を雇えず、
仕事が来ても早く対応できないという悪循環になっているそう。

 

この話を聞きながら、その昔アマゾンがスタートしたての頃、
本を中心に扱っていた時は、本屋さんが危機感を持っていて他は大丈夫!と思って安心してたら、アマゾンが様々な商品を扱うようになって、多くの業界が慌てだしたのを思い出しました。

 

「うちは安泰」から「次の一手」へ

いま、どのような状況であろうと、どんどん状況は変化していきます。
それも、急激なスピードで。

 

次の一手をどう構築するのか!

ここがすごく大切だと感じるのです。

 

だからこそ、頭の中にこの2つを!

大切なことは、すごくシンプルです^^

 

これを、しっかりカタチにしていくことで「次の一手」になる。

一緒に、次の一手を創り上げていきましょう!!

現在、募集中のセミナー・塾

***************************

●新刊出版記念セミナー
【2/12豊橋・3/4大阪・3/17東京】
https://koto-marketing.net/2020kinen/

●新刊!予約受付中!2020年1月
「ぼくらはお金で何を買っているのか。」
https://www.amazon.co.jp/dp/490803351X/

●絶賛発売中!2019年1月
「お客様のことが見えなくなったら読む本」
https://www.amazon.co.jp/dp/4799107798/

●「コト売り」超実践塾
https://gaea318.com/kotouri

●コトマーケティング協会アドバイザー講座
http://koto-marketing.net/
***************************

Copyright (C) . All Rights Reserved.