ブログトップ記事一覧

大人になってからの学び

2018/06/26更新:

小学生、中学生の頃、「学ぶ」という行為は「正解」を得るためのものでした。

学べば、答えが分かる
学べば、正解を知れる

それは、高校、大学にいっても基本的には同じことだったように思います。

「学ぶことで、正解がみつかる」

正解が見つかることで、高校や大学に合格ができたり、
正解を多く知っていると就職や営業にも役立ったりする。
正解をみつけることで、自分にとっていいことがある。

きっと、学生の時に、そういった先入観をもった。
いや、持たされたのかもしれません。

では、社会に出てから、働き出してからの「学び」はどうでしょうか?

誰かが、正解を教えてくれる?

誰かが、答えを授けてくれる?

実は、僕自身、そう思って「正解」を求め、学んでいたように思います。特にサラリーマン時代には、確実にそうだったと記憶しています。

先輩にならう

上司に教わる

「よし、わかったぞ!」と思うんだけど、
時代の変わり目と言うこともあり、聞いたことと、
目の前の景色が重ならずに、なかなか成果が出ない。

今度は、本を読み、本から学ぶ

そして、トップセールスの人から学ぶ

「よし!これだ!!」と感じるんだけど、どうも上手くいかない。

どうして!?

どうして、学んでいるのに正解が得られないの?

必死に正解を見つけるために、学んでいたように思います。
だって、そう習ってきたから。

でね、ある時 ふと思ったんです。

「あれ!?正解ばかり求めてるけど、正解なんてないんじゃないのか?」って。どうしてかというと、僕自身が思うような成果を上げている人を注意深く見た時に、

学ぶことで「わかった!」という人ではなく、

学ぶことで「よし、やろう!」という人ばかりだったから。

大人になって学ぶことは、正解を求めるためのものではなく、
行動に繋げるためのものだと言うことに気付いたのです。



「大人になってからの学びは、行動に繋げていくためのもの」

これを頭の片隅において学ぶようになってからは、

・常に自分の動きに置き換えるようになり
・だんだんと実際の行動に繋がり
・相手の反応をみながら試行錯誤し
・また学んだことを活かして行動し
・思うような反応が得られるようになっていく

学んだことが、行動を通して、自分の中に入り、育っていく。
そんな感覚が得られるようになると、もう学ぶことが楽しくて、楽しくて仕方なくなってきました^^

「大人の学びは、行動に繋げるためのもの」

いままでは、学ぶことで「わかった=正解」という気になっていて、「分かったのにできない=正解ではない」という感じになっていたんだなと。

いまは言えます。

本当は、正解は誰も教えてくれません。

「これが正解だよ」という甘いささやきに惑わされてはいけない。
「これさえやればOK」なんてこともない。

だからこそ、学んだことを行動に移し、
経験の中から自分自身の軸をつくっていく。

「できた!」と思った時点で「できていない」のかもしれません。

ずっと創り続けていくこと。

自分なりの軸を明確にするために、学び、行動すること。
これが楽しくなると、いろいろな可能性がひろがってくる。

だから、学びましょう!

行動するために!

そして、自分の軸を明確にするために^^

現在、募集中のセミナー・塾

***************************

●喜多川泰先生&松野恵介セミナー「真の働き改革とは?」【大阪】
(主催:DWK・山崎太一)
2018年9月30日(日)14時~21時(懇親会付)
https://www.kokuchpro.com/event/46bf1016bd433dd7e56644a1a238a45d/

●「コト売り」超実践塾 in【大阪】※満席
2018年9月5日(水)~(計5日間)
https://gaea318.com/kotouri

●「コト売り」超実践塾 in【東京】
2018年9月27日(木)~(計5日間)
https://gaea318.com/kotouri

●「コト売り」超実践塾 in【大阪】
2019年1月16日(水)~(計5日間)
https://gaea318.com/kotouri

●コトマーケティング協会アドバイザー講座
http://koto-marketing.com/
***************************

Copyright (C) . All Rights Reserved.