ブログトップ記事一覧

「売る方法」を考える時代は終わった

2018/09/17更新:

「お客様のことをどこまで知っていますか」

お客様が何を欲しがり、何に困っているかが分かれば、そこにジャストフィットしたサービスや商品を提供できるはず。

でも、お客様のことはなかなか分からないのが現実……

そこで、「どうしたら売れるか?」を一生懸命考える。
それは決して悪いことではありません。

しかし「どうしたら売れるか?」を考える時代は終わっているのです。

「このコピーで売れる!」
「この手法で売れる!」
「ダイレクトレスポンスマーケティングは最強だ!」
「SNSを使って売る!」

いままで、さんざん考えて、結果的に売れてきて、
売れてから、その売る情報が広まった時、
お客様は気付くのです。

「なんだ、売られてたのか」と。

きっと、もううんざりしている。という意味でも、どうしたら売れるか?を考える時代は終わったのです。

だったら、どうしたらいいのか?

その一つの答えは「変化する消費者のココロに対応していくこと」になります。

顧客のニーズが多様化し、商品もあふれていますい。売り方も様々です。変化していくお客様のココロに対応するためには、どうするか……

ここを考えてください。

つまり……

自分のお店や企業の商品が、どこまでお客様に受け入れられているのか、もっと「欲しい」ものは他にあるのかもしれない、と考えてみる。

「主婦は1円でも安く買いたがっている」(食品スーパーの言い分)
「安いのはもちろんだけど、満足できる商品じゃないと困るわ!」(主婦の言い分)

「消費者は、もっとキレイな画質でテレビが見たいはずだ!」(メーカーの言い分)
「手軽に壁掛けができて、リーズナブルなテレビが欲しいわ!」(消費者の言い分)

このように、いつも、売り手と買い手にはギャップが生じます。
このギャップさえなくせれば売れるのに……

そう思っている方は多いのではないでしょうか。

昔から、「お客様の気持ちになれ! 顧客視点が大切!」と言うけど、どうしたら「その視点」になれるのでしょうか。

もちろん、方法はいくつかあります。

●お客様をよく観察してみる
●お客様に聞いてみる
●自分がお客様になったときのことを思い出してみる

できるだけ具体的に!と思うのですが、
やはり、どれも少し抽象的になる。

これを、もっと具体的にできないか……といつも考えています。

抽象的な考え方ではなく、ひとつの基準になるような、
具体的なモノサシのようなもの。

「お客様の心理がみえるモノサシ」

いろいろなモノサシがあるけど、どれが合うんだろうか?
メモリの単位も様々だけど?

もし、あったらいいと思いませんか?

ずっとそう思って、いろいろなモノサシを探しては、当てはめてみて、また探して・・・・・

そのモノサシをようやく見つけました!!!

それを、しっかりと分かりやすくおお伝えしたいと考え、ただいま進行中です。

楽しみにしてくださいね!
僕自身も、楽しみで仕方がありません^^

現在、募集中のセミナー・塾

***************************

●「コト売り」超実践塾 in【大阪】
2019年1月16日(水)~(計5日間)
https://gaea318.com/kotouri

●「コト売り」超実践塾 in【東京】
2019年4月9日(火)~(計5日間)
https://gaea318.com/kotouri

●コトマーケティング協会アドバイザー講座
http://koto-marketing.com/
***************************

Copyright (C) . All Rights Reserved.