みんなで一緒に考える withコロナの商売・特別講座

こんにちは、マーケティングコンサルタントの松野恵介です。

緊急事態宣言も解除され2週間以上がたち、徐々に、街や人や仕事が戻ってきているのを感じます。では、このまま完全に元通りになるのか?もちろん、それは誰にも分かりませんが、戻ってきたとはいえ、まだコロナ禍であることに変わりはありません。

第2波、第3波がいつこようとも、僕たちは初の緊急事態宣言で学んだことを活かすべく、しっかりと準備を整えることが大切であると当時に、この時期の行動が会社やお店の可能性を広げてくれるのを感じます。

緊急事態宣言の中では、17年間この仕事をしてきて、これほど商売が窮屈に感じたことはありませんでした。できることの少なさに、落ち込んだ時期もありましたが、それを救ってくれたのはクライアントさんでした。「止まっていても仕方がない、いまできることをやろう!」そう言ってもらったおかげで、僕自身も動き始めることができました。止まっていた時には不安しかなかった気持ちが、動いて、反応が見えて、次のヒントを受け取ったときに「楽しい!」という気持ちと、「できることはいっぱいある」ということ以上に、「いま新たな動きをすることで可能性が広がる!」ことに気付きました。

いまは自信をもってこう言えます。「僕たちは今、おおきなピンチを迎え、同時に大きなチャンスに出会っている」のだと。

危機とは危険(ピンチ)と機会(チャンス)
いままでもリーマンショックや東日本大震災など、多くの危機を乗り越えてきた。

でも、いままでの危機と違うことが一つ。
もう元には戻らないということ。
つまり、次の新しい社会に入っていく大きな機会。

コロナを避けるのでもなく、コロナに勝つのでもない。
コロナと一緒に生き、コロナと一緒に商売をする。
Withコロナの商売へ

コロナの影響を受けて、ある意味 消費者は一つになった。
日本全国の「コロナの影響を受けている人」が、感じている不安や不満、不便や不平なコトが明確に見えた時、お客様にできるコトが見えてくるのです。

コロナ禍の「3つのキーワード」をいかに自分たちの商売と掛け合わせるか。
Withコロナの商売についての動画セミナーから、自分たちだけでは出し切れないアイデアを一緒に出し合い、それを実践し、その実践した結果をもちより、次の行動につながっていく勉強会まで。

お互いがお互いのことを考えて、一緒に行動していきながら創り上げる実践勉強会は好評です。ひとりの力は小さいけれど、みんなの力を合わせれば何とかなる。いや、みんなで何とかする!

そんな思いの方は、ぜひ一緒に次の時代の商いを創り上げていきましょう!!

こんな方におススメです

・元に戻ることより、これからのことを考えたい方
・動きたいけど、どう動いたらいいか分からない方
・不安はあるけど、前に進みたい方
・この状況をチャンスに変えたい方
・自分の可能性、自社の可能性を信じている方
・時代に合わせて、いかようにでも変化してやるという方
・今できることに集中したい方
・競争よりも、協調が大切だという方
・独占するより、共有することが大切だという方
・人のことを考えるのが好きという方

4つのパターンの受講方法があります

【注意点】
基本形式は決まっていますが、状況により臨機応変にやり方を変更していく可能性があります。ただ、大きな目的は変わらず「みんなでアイデアを出し合いながら、次の商いのカタチをつくっていくこと」です。

●基本BtoCの商売向け講座となります。
BtoCの商売向けの講座となりますが、そちらを分かったうえでご参加されたいBtoBの方にはご参加いただいても大丈夫です。

Copyright (C) . All Rights Reserved.